MENU

水素の効果はあるの?ないの?水素水やサプリメントについて

サプリメントや補助食品など、健康関連のものに興味のある人であれば、ほとんどの人が水素水や水素サプリについても知っていると思います。水素の効果については私たちの身体の中でもはたらいているものでもあるため明らかになっていますが、水素水やサプリメントでの摂取となるとその有効性が疑問視されていることも確かです。中には効果がみられなかったという調査報告もあり、目にしたこともあるでしょう。実際に水素の摂取には効果があるのか、ないのか。水素自体のはたらきや、水素水、サプリメントの有効性について紹介していきます。

水素水やサプリメントについて

 

まずはじめに、水素水や水素のサプリメントがどういった製品なのかについてみていきましょう。単純に水素が含まれているというだけでなく、基準があるということやしくみについて知っておくと良いでしょう。

水素が豊富な水

水素水とは、水素が一定以上含まれている水のことで、水素が豊富な水ということです。水素水は多くの場合、水素ガスを水に溶かす方法で作られています。加圧式溶存方式などを聞いたり表記を見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、水素は空気中にどんどん出ていってしまうので、水素水と言ってもあまり含有量が多くないものもあるようです。水素水には水素含有率の基準が設けられており、正式には0.08ppm以上の水素濃度のものを水素水と呼ぶとされています。

サプリメントのしくみ

サプリメントの場合は、タブレットなどがそのまま水素ということではなく、体内で水素ガスを発生させるというものが多いようです。水素を多く発生させるものとしては精製岩塩から作られたものがよく挙げられます。実際にサプリメントを飲んでいるという人では、精製岩塩のものを飲んでいる人が多いのではないでしょうか。

 

 

 

岩塩と言えばミネラルというイメージが沸くかと思いますが、マグネシウム以外のミネラルは取り除かれているのでミネラルの摂取には期待できません。マグネシウムに水素を蓄えさせることでサプリメントとして、体内で水と反応させ水素ガスが発生するというしくみのようです。

 

 

 

この他にサンゴカルシウムやシリカなども知られているでしょうか。

水素は活性酸素の除去が期待できる

 

水素水や水素のサプリメントの製品について概要をみてきましたが、次は実際に水素が体内でどのようにはたらいているのかということをみていきましょう。水素で取り上げられるのは、活性酸素の除去です。それについて詳しく述べていきます。

活性酸素とは

活性酸素とはどのようなものかみなさんご存知でしょうか。酸素にはものを酸化させる力がありますが、文字の表す通り活性酸素はその酸化力が強くなったものです。酸化させる力とは、錆びつかせる力とイメージしても良いでしょう。

 

 

 

私たちは酸素を吸って身体のはたらきを維持していますが、疲労やストレスなどが過多になると体内では活性酸素が増えてしまいます。つまり、身体が錆びついてしまうリスクが高くなるということです。

 

 

 

ちなみに活性酸素自体は完全に悪いものということではなく、白血球が体内に侵入してきた細菌やウィルスなどの病原菌と戦う際に使われるなど、必要なものでもあるのです。増えすぎて酸化のリスクにさらされることが良くないということですね。

抗酸化作用

上記の活性酸素を除去するはたらきが、水素にはあるということです。水素が活性酸素と結びつくことで反応して水になり、身体の外に出されるとされています。水が酸素と水素からできているのは学校の授業でも習いましたね。

 

 

 

このように活性酸素を除去するはたらきを指して抗酸化作用と言いますが、抗酸化作用と言えばアンチエイジングでもよく取り上げられると思います。ポリフェノールやビタミンCなど、抗酸化作用をもつ成分のサプリメントも知られていますね。これらと同じはたらきが水素にもあるということです。

水素の効果

 

水素には抗酸化作用があると述べましたが、実際に抗酸化作用があるおかげでどのような効果が期待できるのかということについて次はみていきましょう。増えすぎた活性酸素は私たちの身体に様々な害をもたらすということですが、主な効果の2つを挙げていきます。

生活習慣病の予防

抗酸化作用による水素の効果としてまず挙げられるのは、生活習慣病の予防です。活性酸素は細胞などにダメージを与えて錆びつかせてしまいますが、血管が錆びつくということは動脈硬化につながります。動脈硬化になってしまうと脳卒中や心筋梗塞のリスクになるということはみなさんご存知ですね。

 

 

 

活性酸素は細胞だけでなくDNAにも障害を起こすとされているので、がんの原因になるとも言われています。身体に悪さをする活性酸素が増えすぎてしまうとこれらの疾患のリスクが高まるということで、抗酸化作用が注目されているということですね。そしてその抗酸化作用をもつ成分として、水素が有効ということです。

美容やダイエットにも

抗酸化作用による水素の効果としてもう1つ挙げられるのは、上述したアンチエイジングです。活性酸素は細胞にダメージを与えると述べたように、お肌も例外ではありません。紫外線でも活性酸素は増えるので、シミなどの直接的な影響だけでなく身体のさらに内側からも影響しているということですね。

 

 

 

また、上記の生活習慣病とも関連しますが、血液がドロドロでは疾患や肥満につながりやすくなります。抗酸化作用によって血液がスムーズに流れるようになり、循環が良くなれば代謝の向上も望めます。この状態で運動することでしっかりと脂肪を燃焼することが期待できるということですね。

 

 

 

活性酸素は肌や身体の老化につながるということで、抗酸化作用がアンチエイジングに効果的と言われているということです。

水素水やサプリメントの有効性

 

水素水やサプリメントの概要に続いて水素のはたらきもみてきましたが、最後は水素水やサプリメントが有効なのかどうかということについて述べていきます。これはどのサプリメントにも当てはまることでもあるので、覚えておくと良いでしょう。

水素自体のはたらきは本当

多くの研究で明らかにされているように、水素自体のはたらきは有効性が認められています。上述してきた活性酸素を除去して抗酸化作用を発揮するということですね。もちろん科学的に明らかになっていることでも後になって訂正されることもあり、また完全に正しいということもないので賛否両論はある程度あります。

 

 

 

現時点では、水素自体は私たちの身体に存在してはたらいていることや抗酸化作用があることは明らかなので、有効だと思って良いでしょう。では、なぜ効果がないという指摘が大きく取り上げられるのでしょうか。

体内ではたらくかどうか

効果がないという指摘では、体内できちんとはたらくかどうかという点が重要になります。他の成分でも同様ですが、口から摂取して消化・吸収され、体内の必要なところではたらいてくれるということは確実ではないのです。

 

 

 

水素の場合も摂取した水素が体内で思っている通りにはたらくかどうかが重要ということですね。もっと言えば、先に水素水から水素が漏れると述べたように、製品化されて私たちの口に入る頃には水素がほとんど含まれていないというケースもあるということです。

 

 

 

このような点から疑問視する声も挙がっているということ、そして体内できちんとはたらくかどうかという点はどのサプリメントなどでも同じということを理解しておきましょう。もちろん、まったく効果がないということもないので、判断を下すのは自身ということになります。

まとめ

 

水素自体のはたらきや、水素水、サプリメントの有効性について紹介してきましたがいかがでしたか?水素水や水素のサプリメントに限らず、その有効性には賛否があると思いますのでしっかりと理解して摂取するようにしましょう。

 

水素サプリランキング